■軽井沢の歴史01  02  03
■軽井沢の歴史04  05  06
■軽井沢の歴史07  08  09
■軽井沢の歴史10  11  12
■軽井沢の歴史13  14  15
■軽井沢の歴史16  17  18
■軽井沢の歴史19  20  21

■軽井沢の歴史22
■軽井沢の歴史23
■軽井沢の歴史24
■軽井沢の歴史25
■軽井沢の歴史26
■軽井沢の歴史27
■軽井沢の歴史28
■軽井沢の歴史29
■軽井沢の歴史30
■軽井沢の歴史31
■軽井沢の歴史32
■軽井沢の歴史33
■軽井沢の歴史34
■軽井沢の歴史35
■軽井沢の歴史36
■軽井沢の歴史37
■軽井沢の歴史38
■軽井沢の歴史39
■軽井沢の歴史40

軽井沢の歴史-33

 明治16年(1883)夏、軽井沢三度屋に経済学者として世界的に著名なベルリン大学教授ヵール・ラートゲンが滞在、明治19年には宣教師であったアレキサンダー・クロフト・ショーと帝国大学文科講師ディクソンの2人が、旅行の途中相前後して軽井沢を訪れました。

 人通りの少ない静かな宿場、そのまわりに広がる草原と林、浅間山の雄大な山容となだらかな据野の景観に心をひかれた2人は、7月上旬家族をともなって再び訪れました。ショー一家は高林薫平居宅、ディクソン一家は佐藤万平所有の家屋を借り受け、8月下旬まで滞在しました。

 カナダのトロント市に生まれ、父のもとで神学校に学び、卒業後日本に派遣されて東京麻布の教会で牧師をしていたショーとその家族による軽井沢での生活は、自然の中で健康的なものでした。明治6年(1873)9月に横浜に上陸して以来、日本語の勉強、慶応義塾でキリスト教倫理学の講義、日本各地での宣教活動の中で、高温多湿の日本の夏の生活は、ショーにとって苦痛に感じたことでしょう。

 後にショーの長男(R・D・M・ショー)が佐藤不二男にあてた手紙の中で「胸いっぱいに吸った空気の甘さは、軽井沢以外では知りません。景色雄大、小鳥のさえずり、百花の研、父が家族の健康のために軽井沢を選んだことを今でも嬉しく思います。子供心にも軽井沢は天国だと思った」と述懐しているように、すんだ空気、緑におおわれたなだらかな草原、松やモミとカニデの混交林、朝夕に流れる霧は、はるか故郷を遠く離れたさびしさをいやしました。

 ショーとディクソンは、軽井沢の夏のすばらしさについて語り、十数名の友人を誘いって、翌20年にも避暑に来ました。この2夏の経験によって軽井沢の良さを確認したショーは、21年つるや主人佐藤仲右衛門の斡旋で民家を移転改造し、大塚山に別荘を作りました。ディクソンは佐藤万平宅地内に別荘を建てましました。これが軽井沢における避暑別荘のはじめであるショーは、その後毎年家族をともなって軽井沢を訪れ、イギリス聖公会堂を開いて布教をするとともに、子供たちと木を伐り、氷池で泳ぐなど、自然の中での生活を行いました。

 明治22年(1889)、2人の誘いを受けたキルベ(貿易商)、ヴェール(青山学院教師)、ミス・アレキサンダーが別荘を建てましました。ミス・アレキサンダーは、頒栄女学校生徒20余名を引率して、涼しい軽井沢で林間教育を行いました。この年避暑客は生徒を除いて30余名となりました。

 明治23年には、英国公使館ヒユー・フレザーが、2手橋近くの5万坪の敷地に別荘を建てましました。外国人の避暑客が多くなりますと、亀屋旅館でも貸間を提供して便をはかりました。別荘も21年に二戸が建てられたのをはじめ、三戸、五戸と建てられていきました。

 28年(1895)にイギリス人宣教師ホワイトの建てた別荘は、廃屋のようになっていた家を、非常に安く買い受けて改造したものでした。土地は一坪わずか3銭から、高くても12銭ぐらいで、実業家や大学講師のように経済的に恵まれていなかった宣教師でも、容易に別荘を持つことができました。また、夏休み中の2ヵ月を過ごすためのものでしたから、山小屋に近い簡素なつくりでよかったのです。
北軽井沢物語軽井沢観光ガイド軽井沢グルメガイド